「発展的持続ニッポン」とは?

今や「第4次産業革命」ともいわれる時代に入りました。IoTやAI、Fintech、meditech…といった、
これからの日本の発展的持続のために、新たなビジネスや技術の創造が必須となり、そして今まで以上に、
自動化・効率化が求められてくるようになります。

そこで大きな課題となるのが…「ビジネスの成長や変革のための投資資金をどうやって創出するか?」です。
日本企業のIT投資・資金は、既存システムの運用管理・維持・保管費に約7割、ビジネスの成長や変革のための投資は3割といわれています。
このような状態で「発展的持続」ができるのでしょうか?そこでデータライブからの提案が「IT資源の最適化」です。

我々のご提案で短期間で大きなコスト削減ができ、競争力強化につながる、新規投資の原資が確保できるようになります。
「第4次産業革命」の成功は、我々が支える!そんな想いで日本のIT業界に一石を投じています。

ビジョン IT資源の最適化をしよう

1. 日本の第三者保守(※)を確立し、圧倒的なシェアを持つリーディングカンパニーとなります。
2. 第三者保守を通じて、企業のIT予算を組み替え、戦略的IT投資による第四次産業革命化を支援します。
※第三者保守とは?ソフトウエア、ハードウエアなどの製品を開発・販売しているメーカー・製品ベンダーではなく、第三者企業が保守を受け持つこと。

ミッション

2021年までに国内10万台(シェア1.7%)。達成後は、さらに60万台(シェア10%)を目指す。