MSP事業の草分けとして、創業20年を迎えた「アイティーエム」。メーカー保守サポート終了後の対応を求める顧客に対し、彼らが出した答えはデータライブの「第三者保守」だった。同社によれば、今後ハードウェアの“延伸”によるメリットは増えていくという。

 「余計なコストもトラブルもなくしたい。枯れた技術かもしれないが、既存のシステムを保守サポートが終了した後も継続して利用したい」

 情報システム部門の人ならば、誰しも一度はこんなふうに考えたことがあるのではないだろうか。新たなビジネスに直結する“攻め”のシステムならまだしも、安定稼働第一の“守り”のシステムならば、保守切れによるリプレースでコストやリスクを背負いたくはないものだ。

 こうした状況に悩むのはユーザー企業だけではない。「何とかなりませんか?」とユーザー企業から相談を受けるSIerも同じ。IT機器の運用、監視業務を手掛けるアイティーエムもそんな1社だった。

⇒続きはこちらからご覧いただけます
【ITMediaエンタープライズ】 創業20年のMSPが、“第三者保守”を自社サービスに取り入れた理由