日本政府が打ち出した「日本再興戦略2016」では、2020年度に「戦後最大の名目GDP600兆円の実現」を目指すことが掲げられている。この高い目標に向けたシナリオの鍵となるのが、AIやビッグデータ、IoTなどを活用した「第4次産業革命」の推進だ。

⇒続きはこちらからご覧いただけます
【ZDNet Japan】政府目標の実現に向けて、第三者保守サービス活用によるITコスト削減に動き出した官公庁

http://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2019/02/AdobeStock_114786322.jpghttp://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2019/02/AdobeStock_114786322-150x150.jpgDatalive_EOSL-Service[06]メディア掲載日本政府が打ち出した「日本再興戦略2016」では、2020年度に「戦後最大の名目GDP600兆円の実現」を目指すことが掲げられている。この高い目標に向けたシナリオの鍵となるのが、AIやビッグデータ、IoTなどを活用した「第4次産業革命」の推進だ。 ⇒続きはこちらからご覧いただけます【ZDNet Japan】政府目標の実現に向けて、第三者保守サービス活用によるITコスト削減に動き出した官公庁メーカー販売終了/保守サポート期間が終了したサーバ・ストレージ・ネットワーク機器に対して、パーツ保守、オンサイト保守、スポット修理を行っています(EOSL保守・第三者保守・延長保守サービス)。