データライブが第三者保守用の部品調達を目的にサービスを開始した「IT機器の適正処理サービス」。厳しいセキュリティ基準で知られる金融機関に認められ、サービスを請け負うようになった背景には、データ消去技術の最新動向を踏まえた処理体制があった。

⇒続きはこちらからご覧いただけます
【ITMediaエンタープライズ】金融機関が認めるデータライブの「IT機器の適正処理サービス」は、なぜ厳しいセキュリティ基準をクリアできたのか

http://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2019/02/l_sa_dl01.jpghttp://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2019/02/l_sa_dl01-150x150.jpgDatalive_EOSL-Service[06]メディア掲載データライブが第三者保守用の部品調達を目的にサービスを開始した「IT機器の適正処理サービス」。厳しいセキュリティ基準で知られる金融機関に認められ、サービスを請け負うようになった背景には、データ消去技術の最新動向を踏まえた処理体制があった。 ⇒続きはこちらからご覧いただけます【ITMediaエンタープライズ】金融機関が認めるデータライブの「IT機器の適正処理サービス」は、なぜ厳しいセキュリティ基準をクリアできたのかメーカー販売終了/保守サポート期間が終了したサーバ・ストレージ・ネットワーク機器に対して、パーツ保守、オンサイト保守、スポット修理を行っています(EOSL保守・第三者保守・延長保守サービス)。