[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】第三者保守によるIT機器の延伸を通じ、企業の戦略的IT投資を支援するデータライブ

メーカー販売が終了もしくはメーカーによる保守サポート期間が終了した保守サポート切れシステム(EOSL/EOLシステム)に対し、独自に保守・リペアサービス事業を展開するデータライブ。同社は近年急成長を続…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】ネットワーク機器の保守サービス事業を急拡大するデータライブ、次のターゲットは通信キャリアの「大規模ネットワーク設備」か?

ネットワーク機器の第三者保守サービス事業を拡大しているデータライブ。今までの実績を背景に同社は新たな領域「大規模ネットワーク設備」を対象とした第三者保守サービスに踏み出す構えだ。 ⇒続きはこちらからご…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】政府目標の実現に向けて、第三者保守サービス活用によるITコスト削減に動き出した官公庁

日本政府が打ち出した「日本再興戦略2016」では、2020年度に「戦後最大の名目GDP600兆円の実現」を目指すことが掲げられている。この高い目標に向けたシナリオの鍵となるのが、AIやビッグデータ、I…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】日本の通信キャリアが成長する道 サービス向上を助ける「ネットワーク第三者保守」とは?

 近年、IT業界で耳にする機会が増えてきた「第三者保守」。これは、IT製品の保守を、開発や販売元ではない第三者の企業が行うことを意味する。その最大のメリットは、メーカーによる保守サポートの終了(EOL…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】創業20年のMSPが、“第三者保守”を自社サービスに取り入れた理由

MSP事業の草分けとして、創業20年を迎えた「アイティーエム」。メーカー保守サポート終了後の対応を求める顧客に対し、彼らが出した答えはデータライブの「第三者保守」だった。同社によれば、今後ハードウェア…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】地方銀行も注目する第三者保守 IT戦略を左右する“次”への打ち手

ITコスト削減、ひいてはコスト最適化策として、業界を問わず利用が進められてきた第三者保守。裾野はシステムに高い信頼性を求める都銀、さらに地銀にも広がりを見せている。そのリーダーと言えるのが、第三者保守…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】デジタル変革に向けIT投資の好循環を生み出す「第三者保守」

ユーザーの視点に立ち、メーカーのサポート期間が終了したハードウェア機器でも障害診断と高品質なパーツを提供、アフターケアを行う「ホームドクター」のような保守サービスがある。デジタル変革に向け、さらなるI…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】IT機器の廃棄処分を”事業戦略の一環“として考える――データライブの「第三者保守×ITAD」がIT資産運用の常識を変える

IT資産を処分するにもコストがかかるといわれる時代、それがIT投資の原資を生むとしたら――。それを可能にするのが「第三者保守×ITAD」だ。  メーカーの保守サポートが終了(EOSL)したIT機器を、…
続きを読む »
[05]メディア掲載

【メディア掲載情報】金融機関が認めるデータライブの「IT機器の適正処理サービス」は、なぜ厳しいセキュリティ基準をクリアできたのか

データライブが第三者保守用の部品調達を目的にサービスを開始した「IT機器の適正処理サービス」。厳しいセキュリティ基準で知られる金融機関に認められ、サービスを請け負うようになった背景には、データ消去技術…
続きを読む »
[04]ITAD(IT機器の適正処理)導入事例

事例129:コンプライアンス遵守とデータ消去(ソフトウェアを使った消去を推奨)例

金融業界を得意とする、Sier様 CISCO、Juniper等のNW機器、NEC等サーバー機器、サーバーラック 合計約120台 ■お客様のニーズと課題 まずは、第三者保守導入のご依頼を受けていましたが…
続きを読む »