• お客様業種:SIer
  • 事業規模:資本金2億円以上
  • 対象機器:CISCO Catalyst 2950
  • 保守形態:オンサイト保守 平日9-17時 40台程度、パーツ保守100台以上

■データライブへ問い合わせを行ったきっかけ

お客様は代理店からCISCO製品を購入されて保守サービスも受けていましたが、サポート終了後の製品については保守部材がある限りの対応になるとの通告があり、一部製品は第三者保守サービスを受けている状況でした。
一方でデータライブのウェブサイトから国産サーバの修理問合せを頂いたことをきっかけに、保守に関してもご相談をいただくようになりました。
お客様は第三者保守ベンダーとのご契約実績はあったものの、そのベンダーはCISCO製品のみ対応可能な会社でした。
CISCO以外のネットワーク機器も使用されているため、まとめての相談が可能なところをお探しでした。

■お客様の課題とご心配された点

・課題
お客様はネットワーク機器だけでなくサーバ・ストレージ製品を含め、様々な機器の保守対応ができるのか、また全国拠点対応なのかを気にされていました。
また、保守サービスが突然終了しないかというサービス継続性や品質に関しても気にされていました。

・ご心配された点
データライブにおける保守サービスの実績、また保守料金は現行ベンダーと同額程度に収まるのかご心配されていました。

■データライブの対応

データライブでは保守対応と実績について以下の通りお客様に説明し、ご理解を頂きました。

・保守対応
ネットワーク製品はもちろんのこと、サーバー・ストレージ製品についても複数メーカーのモデルの保守対応が可能であり、全国拠点に対応しています。
保守サービス期間は初回のお申込み時から2~3年程度は継続して設定を承ります。それ以降については保守交換パーツの備蓄状況や、中古ITハードウェア市場の供給量を確認の上、継続の可否をご案内いたします。

・実績
これまで様々な金融機関・電力会社・通信会社などのお客様がご利用されています。実績については、ユーザー様のお声を紹介している「ユーザーレポート」をご覧頂きました。
・保守料金
機器個別での比較だと今までご契約されていた保守料金よりも割高になる場合もありますが、ご依頼機器のボリュームが多い場合は、総額でコスト削減の効果が表れやすくなります。

また第三者保守会社としては国内初のオペレーションセンターである「東京テクノセンター」について資料をご案内したところ、出張にあわせて見学会を実施したいとのご意思をいただきました。

■導入効果

お客様からはこれまでの保守料金よりもコスト削減ができたとの評価をいただきました。
また、今までは各ベンダーに保守依頼していた複数製品の保守契約を一本化することにより、ベンダー選定、社内稟議、発注作業を一度に行えるようになり、事務作業・業務効率化が図れたとのお声をいただきました。

このように、データライブでは複数のメーカーにわたる機種の保守も行うことで、コストの削減や運用の効率化が実現できるようサポートさせて頂いております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

Cisco Catalyst・ルーター EOSL保守サポートの詳細

■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。
 その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。