• お客様業態:大手電力会社
  • 対象機器:F5 BIG-IP 3400×4台(冗長2セット)
  • 保守形態:オンサイト保守 平日9-17時

■データライブへ問い合わせを行ったきっかけ

お客様からは2016年5月に、SIer経由でF5 BIG-IPの冗長複数セットについて保守延伸のご相談を頂きました。
対象機器は2016年7月に保守切れを迎えることとなっており、延伸稼働を希望されていました。

■お客様の懸念事項

お客様は下記の2点についてご心配されていました。
1.メーカーではないデータライブが、ハードウェア保守を実施できるのか。
2.F5 BIG-IPの運用にあたってはOSバージョンやライセンスを合わせる必要があるが、実際に稼働可能な保守対象機の予備機を入手できるか。

■データライブの対応

データライブでは、お客様がご心配された点を元に以下の対応を行いました。

1.お客様には、データライブが第三者の立場でハードウェア保守サービスを提供するための基盤となる機能をご説明しました。
また、具体的な実施方法に関しては技術責任者を同行してご説明し、お客様の不安を解消しました。

2.お客様からOSバージョン情報およびライセンス情報をご開示頂き、保守パートとなる交換用予備機の必要台数を調達しました。
併せて設定情報もご提供頂くことで、保守準備は問題なく完了できることとなりました。

データライブのご提案内容の結果、ご契約の運びとなりました。

■データライブの対応

データライブでの保守延伸を行うことで、お客様のご希望である対象機器・システムの利用を継続できることになり、コストダウンが実現しました。

お客様は過去に保守未加入の状態の機器に障害が発生して問題になったことがあり、データライブの保守サービスによって延伸稼働を実現できたことで安心感を得られた、とのご評価を頂きました。

このように、データライブでは事前のヒアリングによって不安に思われている点をお聞きし、安心して保守をご利用頂ける内容でご提案させて頂きます。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

F5 BIG-IP冗長化・オンサイト保守 の詳細

■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。
その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。