• お客様業種:大手SIer
  • エンドユーザ:大手金融業
  • 事業規模:資本金100億円以上
  • 対象機器:Cisco Catalyst6506 合計4台
  • 保守形態:オンサイト24時間×365日

■データライブへの問い合わせ内容

当初は大手ネットワークシステムSIerの営業ご担当者様より、ご連絡を頂きました。
EOSL保守サービスを希望されている別のお客様がいらっしゃるので相談に乗ってほしい、と案件のお引き合いを頂いたのがきっかけでした。

■お客様の課題とデータライブの対応

エンドユーザのお客様は第三者保守をご利用になられたことがなかったため、以下のようなご質問がありました。

・シスコのハイエンド機種の保守の実績はあるか。
・エンドユーザ様は金融関連企業のため、24時間365日のサービスレベルを求められるが対応可能か。
・保守契約期間が1年未満になるかもしれないが、対応は可能か。
・サービス開始までに時間がないが、短期間でサービスの開始は可能かどうか。保守部材の準備は間に合うか。
(2月にご相談を受け、同年の5月にサービス開始をご希望でした。)
・もし間に合わなければエンドユーザ様が買い置きしている予備機器があるため、使用可能な状態かを確認して保守部材として使ってもらいたいが可能か。

データライブではそれぞれのお問い合わせについて対応できることをご説明し、ご納得の上で契約となりました。

■導入による効果

お客様はこれまで機器を買い置きしていたため、遊休資産として保管費用やメンテナンス費用などがかかっていましたが、サービス提供を受けることで余計なコストを節約することができました。

また、慌ててリプレイスする必要がなくなり、投資効果を十分に検討して必要な機器だけを必要な時期にリプレイスし、節約できた費用を従来から懸案となっていた事案に投資することができたとエンドユーザ様からは高い評価を頂きました。

大手SIerのご担当者様からも競合する他社とは一味違う提案ができ、契約につながったと感謝のお言葉を頂きました。

このように、データライブではエンドユーザ様向けの保守に対してもご希望に応じた適切なサービスをご提案し、安心して運用できるようサポートを行っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

Cisco Catalyst・ルーター EOSL/EOL保守サポートの詳細

■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。
 その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。