• お客様業態:大手通信キャリアグループ
  • 売上高:1800億円以上
  • 対象機器:Cisco Catalyst 3750、3560、2950シリーズ、ISR 2811、1481シリーズなど計24台
  • 保守形態:オンサイト平日9-17時

■データライブへの問い合わせ内容

 2014年からお取引のある大手キャリアグループ企業のネットワークシステムご担当者様からご連絡を頂きました。
内容は担当されているシステムのネットワーク機器の保守についてで、こちらのご担当者様からは初めてのお問い合わせでした。

 これまで機器の保守は子会社に依頼していましたが、次年度からメーカーのサポートが終了し、予備機を購入することになるため保守費用が1.5倍になってしまうとのことで直接データライブへの依頼を検討されていました。

 お客様が懸念されていたのはすでにメーカーの保守が終了している機器に対して、新たに保守サービスの契約が可能かどうか。
そして現在の保守契約価格と比較して、サービスレベルを落とさずに保守の費用を削減する事が可能なのかの2点でした。

■データライブの対応

 お客様より対象機器のリストを頂きデータライブで検討したところ、十分に実績がある機器だったため特に問題なくご提案を進めさせて頂きました。
保守費用については、障害発生時のフローは変更することなく対応が可能なように調整し、全国展開しているパートナー企業にご協力頂くことによりお客様のご希望価格で提案させて頂きました。

 お客様は当初のご希望通りサービスレベルを落とさずに予算内に抑える事が可能となり、非常にご満足している様子で契約の運びとなりました。

このように、データライブではお客様のご要望と予算に応じた保守サービスの提案をさせて頂いております。
オンサイト対応も柔軟に設定できますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Cisco Catalyst・ルーター EOSL/EOL保守サポートの詳細

■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。
 その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。