• お客様業種:SIer
  • 事業規模:320億円以上
  • 対象機器:Cisco ISR 3845 6台(関東・関西)
  • 保守形態:オンサイト保守 24時間×365日

■データライブへの問い合わせ内容

お客様からは2016年2月に費用感を知りたいとのことでデータライブにお問合せを頂きました。
対象機器について保守の延伸を検討するにあたり、メーカー保守終了後4~5年の保守を継続する可能性があるが対応可能かとご質問を頂きました。

■お客様の懸念事項

今回のお客様はサーバ保守のご契約実績はありましたが、Ciscoルータの保守は初めてでした。
そのため打ち合わせの時間を頂き、保守内容などの説明を行いました。

特に保守対応時に現地でconfig投入とIOSのバージョン合わせが可能なのかを気にされていました。

■データライブの対応

データライブではお客様が長期保守を希望される場合、流通の見込める期間に必要な数量の保守部品を専用品としてご購入いただき長期の保守に対応することをご提案しました。

運用については事前にお客様よりconfigバックアップデータやIOSイメージファイルをご提供頂き、保守部材として用意した機器に事前投入して保管する方法と、障害の都度、現地でconfigやIOSを投入する方法も可能であることをご説明しました。

お客様はご納得して頂いた様子で、その後2016年9月に搭載モジュール構成などの詳細な情報を頂き、正式見積もりをご提示して契約の運びとなりました。

このように、データライブではお客様の運用形態に合わせて保守サービスのご提案を行っています。
ぜひお気軽にお問合せください。

Cisco Catalyst・ルーター EOSL保守サポートの詳細

■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。
 その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。