• お客様業種:大手電機メーカー(EU:大手製造業)
  • 事業規模:6兆円以上(EU:1兆円以上)
  • 対象機器:Sun Fire V240 9台
  • 契約期間:2016年11月~2020年10月
  • 保守形態:オンサイト24時間×365日

■データライブへの問い合わせ内容

 お客様からは2015年11月にお電話にて問い合わせがあり、詳細をメールにて送付して頂きました。
 内容はSunのサーバーのメーカーサポート終了後、4年間の延長保守に関するものでした。

■お客様の懸念事項

 お客様は2020年まで機器の故障パーツの提供が可能なのか、保守契約をメーカーから切り替えても障害対応に変更がないかという事について心配されていました。
また、取引口座がないこともお伝え頂きました。

■データライブの対応

 データライブで対応機器の中古市場での流通状況を確認し、2020年までの調達が可能と判断しました。
障害対応に関しては、ハードウェアメーカーと同レベルで対応が可能な事をご説明し、障害発生時のフローもエンドユーザー様から現状と変わらずに行えるよう調整を行いました。

 お客様は設備を2020年まで使用する予定になっていたため、設備に使用されているIT機器もそれまで延長して使用することが可能となりました。
そしてITシステム更改費用や設備機器の買い替え費用の大幅な削減が実現できるようになりました。

 取引口座については、今回はすでにお客様と取引実績がある地場のSIer様経由で契約させて頂くよう、データライブで調整いたしました。

 お客様は非常に満足され、2020年までの保守契約をさせて頂きました。

 このように、データライブでは保守契約のご利用により設備機器入れ替え費用などのコスト削減を実現するサポートを行っております。
ぜひ、お気軽にお問合せください。

Sun Microsystems(Oracle) EOSL保守サポート の詳細
 
■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。
 その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。