ユーザーの視点に立ち、メーカーのサポート期間が終了したハードウェア機器でも障害診断と高品質なパーツを提供、アフターケアを行う「ホームドクター」のような保守サービスがある。デジタル変革に向け、さらなるIT投資が求められる中、その解決策として「第三者保守」が注目されている。

 既存情報システムにかかる運用保守費の肥大化は企業にとって大きな課題だ。IoTやAI、X-Techといった新しい取り組みでさらなるIT投資が求められる中、その課題解決は急務だ。「第三者保守サービスをうまく活用すればデジタル化投資の原資を捻出できる」とするデータライブの代表取締役 山田和人氏にアイティメディア エグゼクティブ・プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。

⇒続きはこちらからご覧いただけます
【ITMediaエグゼクティブ】デジタル変革に向けIT投資の好循環を生み出す「第三者保守」

https://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2019/02/AdobeStock_115457793.jpghttps://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2019/02/AdobeStock_115457793-150x150.jpgDatalive_EOSL-Service[06]メディア掲載ユーザーの視点に立ち、メーカーのサポート期間が終了したハードウェア機器でも障害診断と高品質なパーツを提供、アフターケアを行う「ホームドクター」のような保守サービスがある。デジタル変革に向け、さらなるIT投資が求められる中、その解決策として「第三者保守」が注目されている。  既存情報システムにかかる運用保守費の肥大化は企業にとって大きな課題だ。IoTやAI、X-Techといった新しい取り組みでさらなるIT投資が求められる中、その課題解決は急務だ。「第三者保守サービスをうまく活用すればデジタル化投資の原資を捻出できる」とするデータライブの代表取締役 山田和人氏にアイティメディア エグゼクティブ・プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。 ⇒続きはこちらからご覧いただけます【ITMediaエグゼクティブ】デジタル変革に向けIT投資の好循環を生み出す「第三者保守」メーカー販売終了/保守サポート期間が終了したサーバ・ストレージ・ネットワーク機器に対して、パーツ保守、オンサイト保守、スポット修理を行っています(EOSL保守・第三者保守・延長保守サービス)。