• 事例No.108
  • 顧客概要:電気通信事業
  • 事業規模:資本金1000億円以上
  • 対象機:NEC IAサーバ(Express5800シリーズ) 10台以上
  • 保守レベル:オンサイト24時間365日保守

■データライブへ問い合わせを行ったきっかけ

お客様は現行保守ベンダーからハードウェア保守延伸が不可であると通告を受けていましたが、システム更改を行わずに延伸されることを希望されていました。
サポートパックで契約していたメーカーは原則延長不可であり、既存ベンダーでの延伸調整ができない状況でデータライブにお問い合わせを頂きました。

■お客様の課題、ご心配された点

・課題
メーカー保守は保守延伸不可であり、予算や新システム構築との関係で、さらに2年間は保守延伸した上でシステム更改したい、との課題がありました。
・ご心配された点
ハードウェア・ソフトウェアともにメーカー保守延長不可と通告があり、データライブではハードウェア保守延伸対応に加えてソフトウェアに関しても保守を受けられる環境を整えることはできないかとご心配されていました。

■データライブの対応

データライブは独立系の第三者保守会社なのでソフトウェア関連は対応できかねるものの、既存ベンダーと連携を図りながら保守スキーム構築をしていくことは可能なのでソフトウェアについて既存ベンダーとの調整の余地がないかお客様へ示唆しました。

これを契機にエンドユーザー様、SIer様、既存ベンダーにて対策を協議された結果、ソフトウェアに関しては既存ベンダーによる継続対応にて補完されることが決定し、ハードウェア保守延長はデータライブで対応することとなりました。

ハードウェアとソフトウェアで保守対応会社が異なる結果となったため、エンドユーザー様との直接契約ではなくSIer様経由による契約で保守窓口を統括したい
とご要望を頂き、その通りに対応させて頂きました。

■導入効果

今回対象のシステムはお客様社内システムであり、ユーザー向けのサービス提供用ではないものの、社内役員等の方々も使用されるとのことで保守延伸は必須とされていました。

データライブのEOSL保守サービスによる保守延伸で、重要性の高いシステムの運用環境を整えることができたとご評価を頂きました。

このように、データライブのハードウェア保守をご利用頂くことでシステム更改までの安定した運用が可能となります。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

NEC Express5800サーバ EOSL/EOLハードウェア保守サポート の詳細

■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。
その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。

https://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2016/06/a0001_000336.jpghttps://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/wp-content/uploads/2016/06/a0001_000336-150x150.jpgDatalive_EOSL-Service02.通信業 第三者保守NECのEOSL保守導入事例オンサイト保守(24時間×365日)のEOSL保守導入事例サーバのEOSL保守導入事例基幹システムのEOSL保守導入事例大企業のEOSL保守導入事例事例No.108 顧客概要:電気通信事業 事業規模:資本金1000億円以上 対象機:NEC IAサーバ(Express5800シリーズ) 10台以上 保守レベル:オンサイト24時間365日保守 ■データライブへ問い合わせを行ったきっかけ お客様は現行保守ベンダーからハードウェア保守延伸が不可であると通告を受けていましたが、システム更改を行わずに延伸されることを希望されていました。 サポートパックで契約していたメーカーは原則延長不可であり、既存ベンダーでの延伸調整ができない状況でデータライブにお問い合わせを頂きました。 ■お客様の課題、ご心配された点 ・課題 メーカー保守は保守延伸不可であり、予算や新システム構築との関係で、さらに2年間は保守延伸した上でシステム更改したい、との課題がありました。 ・ご心配された点 ハードウェア・ソフトウェアともにメーカー保守延長不可と通告があり、データライブではハードウェア保守延伸対応に加えてソフトウェアに関しても保守を受けられる環境を整えることはできないかとご心配されていました。 ■データライブの対応 データライブは独立系の第三者保守会社なのでソフトウェア関連は対応できかねるものの、既存ベンダーと連携を図りながら保守スキーム構築をしていくことは可能なのでソフトウェアについて既存ベンダーとの調整の余地がないかお客様へ示唆しました。 これを契機にエンドユーザー様、SIer様、既存ベンダーにて対策を協議された結果、ソフトウェアに関しては既存ベンダーによる継続対応にて補完されることが決定し、ハードウェア保守延長はデータライブで対応することとなりました。 ハードウェアとソフトウェアで保守対応会社が異なる結果となったため、エンドユーザー様との直接契約ではなくSIer様経由による契約で保守窓口を統括したい とご要望を頂き、その通りに対応させて頂きました。 ■導入効果 今回対象のシステムはお客様社内システムであり、ユーザー向けのサービス提供用ではないものの、社内役員等の方々も使用されるとのことで保守延伸は必須とされていました。 データライブのEOSL保守サービスによる保守延伸で、重要性の高いシステムの運用環境を整えることができたとご評価を頂きました。 このように、データライブのハードウェア保守をご利用頂くことでシステム更改までの安定した運用が可能となります。 ぜひ、お気軽にお問い合わせください。 ■ NEC Express5800サーバ EOSL/EOLハードウェア保守サポート の詳細 ■お客様のご要望に合わせて、随時、サービス内容のカスタマイズを行っております。 その他詳細につきましては、お気軽にデータライブへお問い合わせください。メーカー販売終了/保守サポート期間が終了したサーバ・ストレージ・ネットワーク機器に対して、パーツ保守、オンサイト保守、スポット修理を行っています(EOSL保守・第三者保守・延長保守サービス)。